還元水はどこまで有効かは保留するけれど、製品も計測してみないと分からないよね


アルカリイオン水の中で、特に還元電位のあるものがアルカリ還元水といわれているとのことだけれど、生成方は両方とも電極を使っているだろう

今回の話はちょっと自信が無いからためしてみたいと言う話です

それと、アトピービジネスでは無いけれど、商売というのは誇大広告なことが多々あるように思うからです

http://w-21.net/dron/water3.html

つまり、あんまり還元電位になっていなくても「還元水!」と言ってしまうことがあると思っているのです

また、還元水の本を読むと、物によってはアルカリイオン水という名称をつかうのはダメで、還元水と呼ぼうというようなことが書かれていることがあるからです



じゃあどうやってそれを証明するか?

単純に計測してみればいいんだろうな

http://store.yahoo.co.jp/atex/orp5041.html

一応計測器が存在するようだ

一万五千円以上なので安くはないが、たまに計測してみないと、とても信頼できないのではないだろうか?

というのは、アトピーの人はアトピービジネスにいい加減に参っていると思うからだ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。