アトピーにおけるベルクミン、紫雲膏と馬油、ステロイドの関係について


 



アトピーにおけるベルクミン、紫雲膏と馬油、ステロイドの関係について



まず、最初に言っておくと、アトピーが一時的にでも治癒した感じが

あったのはやっぱりステロイドの塗り薬のみでした。



ステロイドは、これを使ったから治ったんだという実感がもてると思います。



でも、当然ながら一時的なもので、後々は何も薬が無くて

生活できるようになりたいわけです。



では、今まで私が使ったことのあるほかの塗り薬としては、

馬油、ベルクミン、紫雲膏があります。



実感としては紫雲膏が一番あっていたように思います。

ただ、これは赤くなるとか、においがどうしてもあるという問題があって、

あまり使いたくは無いと思います。



そこで、同じ漢方薬のタイオツ膏もつかってみたりしました。



感覚としては、この2つは馬油よりも有用なのかもしれないけれど、

色とにおいがありますよね。



しかも、ガーゼにかなりべったりつけないといけないというのがあって、

消費量が半端ではないです。



チューブ入りだと逆に割高だったので筒状のケース入りを購入しました。

大体6000円とかしてますよね。



紫雲膏



ベルクミン



あんまり安くないので、微妙なんですけど、これは手元においておけば

かなり長持ちするみたいです。



これと比べると馬油は便利です。

顔にも使えます。昼間外出するときにも使えます。



ちょっと脂ぎった人だと思われてしまうかもしれないですが、

肌の水分を保持するという役割は果たしてくれています。



逆に服が当たったりすると馬油が取れてしまうので、

効果が薄くなるような気もします。



今まで私が使った限り、安くてもにおいのあるものがありました。

今まで何種類か試したのですが、今のところは

jb馬油をリピートしています。



安いしにおいはありません。

基本顔メインで使っていますが、1つで一ヶ月以上持つようです。



JB馬油




乾燥によるアトピーだけというわけでは無いと思うけれど

今の時期は乾燥によるアトピーがあるといっていい

で、絶対とは言い切れないんだけれど、かなり効果のあった方法で、一般的には知られていないものがある

っていうか、一般的には怪しいとさえ思われている

私も最初はそうだった

気功療法

アトピーと気功何が関係しているのか?

そう思われても仕方ないし、結構高かったりするのだけれど、おいおい記事を追加していくと思う
| 日記

Re: 一息ついてリスクヘッジの話

アトピービジネスという言葉があるくらいだ

まさにビジネスなんですよね

というか意図的にお金にするための(効果は度外視の)情報が多すぎるのかもしれません

とはいえ現代は情報化社会で大量の情報を扱う必要があるでしょう

そしてその中から取捨選択していく・・・・

個人の扱う情報は容量的にもスピード的にもパソコンのHDDを除いて他はないでしょう?(現段階では)

情報に踊らされないようにHDD故障時の修理方法 などのリスクヘッジも必要かもしれないのです
| 日記

数日前から冷水浴をはじめてみた


数日前から皮膚の耐性を高めるために冷水浴をはじめた

最初はっとするくらい刺激的で、これは続くのかな〜って思っていたけれど、結果として続いている


と言うのはやはり慣れるからだろう 

最初は過度に暑くなるくらいあったまるのだが、その後に冷水を浴びる


足から順番に、腕、頭、心臓に近い部分という具合に冷水シャワーを当てていって一分くらい全身に浴びるわけだ

最近はかなり長時間浴びることができるようになった

効果はあるようなないようないまいち不明ではあるが、今のところ皮膚の状態は安定している


いかに怪しいダイエット商品が多いかってことだ


私は通勤中の電車で本を読む習慣がある


あやしい健康法 [宝島社新書 257] (宝島社新書 257)

アトピービジネスと言うのもあるけれど、健康等をお金で解決できればこれほど楽なことはないんだ

というか、現状つらいから健康になろうと情報を集める 私だって藁をもつかむ思いというか、さまざまな健康法をためしていると言える


所がだ、いかに怪しいのが多いかってわけだ

例えばマイナスイオン 科学的に証明されていない

何と私は家電製品の販売員で、イオンの効果について説明している

「脱臭、空気清浄、カビの繁殖を抑えるなど効果が期待できるようです」  っていうふうに説明しているのだ

どこまで期待できるのか?そもそもイオンが原因なのか? 言っている私だって当然分かるわけがないし、

「メーカーによると」 っていう但し書きをつけないと確かに説明できないものだ


アトピーもそうだと思うが、ダイエットに関していかに怪しいのが多いかだ

ダイエットと言えば相当数の患者(顧客)が見込めるからだろうな

そしてなかなか効果がないからだ


例えば発芽玄米 玄米は食べづらい だからあまり食べないからダイエット効果がある

食べないから、っていうか食べづらいからダイエット効果があるってのはなかなか強引な説明だ


TV通販でやっている健康器具には笑ってしまうものも多いのだが、確かに楽して、何もせずにイメージどおりに体が変化したらと言う要望にあっている

TVで説明している人はハードトレーニングをしているのだろうし、

乗るだけ はるだけ 持つだけ で痩せるってのもあるようだ

足で漕ぐだけで痩せる これは運動しているから痩せるだろうな


しかし世の中見てみればなんてそういうのが多いんだろう

何もしないでやせる

何もしないで健康になる

何もしないでお金になる


お金なり食材なり資源がなければ十分でないと食べられない 食べ過ぎて体重オーバーだから痩せる 

大もうけするにはこの高価な商品を買う必要があります と同じようなものに思えてしまう

| 日記

冷水浴か、せっかく情報を知ってしまったのだからやってみるしかないだろう、無料だしやるだけやるしかない

私は通勤中の電車の中で本を読む習慣がる

だから定期的に健康管理のことでもためしてみたいと思われるものが出て来たりするわけだ

生活習慣病に克つ新常識―まずは朝食を抜く! (新潮新書 (015))

まず従来の常識と合わないことが多々紹介されているけれど、

・朝食は抜く

外国はパンにコーヒー程度と軽い食事だ 自然界の生物だって食べた後は寝るのであって活動はしない

・食べた後は寝る

というかゆったりするんだな

・適度に動く

全身運動かつ持続的な運動

・冷水浴などで刺激を与える

副腎を鍛える効果がある アトピー、アレルギー、糖尿病、ガンにも効果があるかもしれない

昔は暖房などなかった 適度にそういった環境も必要とのこと



とりあえずどれもお金にならない方法ばかりりだ

なのでビジネスとして過剰に宣伝されることもなかろうなと思われる


ところで冷水浴か

今は冬だぞ 一応普通に風呂で温まってからやっても良いとのことだがどうなんだ

一応やってみる 一ヶ月とか続きそうで効果がありそうだったらまた報告するかもしれない

なお、これは皮膚表面の熱が逃げなくなるのでむしろ保温できるはずだとも書かれていた


ちなみに他はある程度私はやっていると思われるんだな




AD:シャトーラギオール販売、マリーアントワネットオーク等

これは悪いもの(毒?)が出ていると思って気にしないようにするか


私は普段立ち仕事の接客業をしている

接客をして気が張っているときはあまりかゆみが無いことが多いようなんだ

だけど、仕事が終わった後とか、休憩時間はかゆみがぶり返すというか、炎症があることを認識するようだ

たち仕事で結構疲れるので、仕事がしばらく休みなら良くなるんじゃないかと思ったときもあったけど、しばらく長期の休みになってもやはり治らなかった


ところでおかしなことを言うつもりは無いのだが、瞑想をするとからだのあちこちが痛くなることがあるそうだ

用は、リラックスすると普段無意識に押さえ込んでいる反応が出てくる 

宇宙の根っこにつながる瞑想法



気温が下がってきたら快調だと思っていたら、足のかゆみが悪化してくるし、

たち仕事が原因かと思っても、しばらく休んでも治っていない


ヤッパリ分からないだからそれこそ悪いもの(毒?)が出ている、これは通常の反応だと認識して気にしないようにするか


精神的な要因が重要といわれることがあるけれど、じゃあどういう対応をするんだ?

以前アトピーは精神的な要因が関与しているようだと書きました

人によっては皮膚病の9割は精神的要因が関与しているとの事なので、精神面からのアプローチを検討した方がいいんだろうなということを考えたものです



とはいってもいまいち具体的に何をやるかがわかりません

例えば、ストレスフルな職場が原因なのか、ストレスフルな自然環境なのか、そもそも何がストレスになっているのかが分からないんですよね

まあ、私の場合恐らく職場も原因だったのかとも思っています

とても長期間の残業と休日があまりない環境で、仕事内容も緊張の連続であったといっていいでしょう


とはいえっても、どのように改善していこうかというのはいまいちよく分かりません

究極的には「やりたいことをやれ」 ということにでもなるのかといった認識です


ところで、ふとしたことから天外 伺朗 さんの書籍を何冊か読んでみました

病気になってから治すのは下の下で、未病のうちに治すというような思考が漢方には存在するとの事

各地に、今までの病院とは全く違ったアプローチのホロトピックセンターというものを作って、難病患者が治っているというような実績も出ているようです


ただし、この話は私自身まだ確証が持てません

とはいっても私自身が体感できない段階だという意味であって、瞑想や占いみたいなのをある程度説明することが可能なのかもしれません


何かおかしなことを言っているようで申し訳ないので、この話題は友人たちとディスカッションしてからもう一度書くかもしれません

還元水はどこまで有効かは保留するけれど、製品も計測してみないと分からないよね


アルカリイオン水の中で、特に還元電位のあるものがアルカリ還元水といわれているとのことだけれど、生成方は両方とも電極を使っているだろう

今回の話はちょっと自信が無いからためしてみたいと言う話です

それと、アトピービジネスでは無いけれど、商売というのは誇大広告なことが多々あるように思うからです

http://w-21.net/dron/water3.html

つまり、あんまり還元電位になっていなくても「還元水!」と言ってしまうことがあると思っているのです

また、還元水の本を読むと、物によってはアルカリイオン水という名称をつかうのはダメで、還元水と呼ぼうというようなことが書かれていることがあるからです



じゃあどうやってそれを証明するか?

単純に計測してみればいいんだろうな

http://store.yahoo.co.jp/atex/orp5041.html

一応計測器が存在するようだ

一万五千円以上なので安くはないが、たまに計測してみないと、とても信頼できないのではないだろうか?

というのは、アトピーの人はアトピービジネスにいい加減に参っていると思うからだ

アルカリ還元水は酸化を防ぐのだろうけれど、どこまで有効なのか?


アトピー治療に関して、還元水が有効であるという話を聞くことがあります

私も書籍で読んだことがあります


アトピーは「還元水」で治せる!


ちなみに、アルカリイオン水というのが一般的に良くあるのですが、書籍には同じようなものとして取り扱われているようです

ただ、アルカリイオン水はPHを元に基準が決められていて、その中でも特に還元電位があるものが -200mv以上のものがアルカリ還元水と呼ぶ呼ぶとの事です

参考サイト
http://w-21.net/dron/water3.html


書籍や、インターネットを調査すると作用の理屈は良く分かると思います

酸化させない、酸化してしまったものを回復する

そのために還元力を持った水を飲用するべきだということになると思います

病気の原因が酸化によるものだということを受け入れれば納得できる理由になるかと思います



ところで知りたいのは、それがどの程度アトピー治療に有効かということです

というのは還元水を精製する機器が安くはありません

上記書籍には反論も載っていましたが、買ってはいけないで批判があったのでしょう



アトピービジネスという言葉がありますが、私もいろいろと調査しているうちに誇大広告と思われるものはいくらでも見てきているわけですし、

それこそ本当に ビジネス として行っているのでしょから当然ですが、相手の事より利益重視の姿勢が見えると思います


繰り返しですが、還元水を批判しているわけではないのです 効果がどの程度かというのが分かりづらいということなんです


「治った」 という症例がいくつも紹介されていますが、還元水を使用した場合治ったことがあるというだけで、これでは不十分なように思えます

唯単純に私の調査が足りなくて、実際には詳細な実験データがあるのかもしれませんので、相当に有効なのであれば全国の皮膚科医によって普及されるべきだと考えます


詳細なデータというのは例えば、AグループとBグループに分けて、Aグループには3ヶ月間水道水を、Bグループには還元水を飲んでもらって、治癒率の差異を検証するということになります

もちろん、A、Bグループともに還元水だと言われて飲用した場合になります

もしくは両グループとも水道水と知らされてもかまいません



ちなみに、これは当然かもしれませんが、アトピーの原因が水道水のみではないだろうということは想像できます

昔から水道水を飲んでいる人でも健康な人は当然いるし、もちろん井戸水を飲んでいた人でも健康な人が多いのです

とはいえ治療を目的とするのであれば、水道水、井戸水ともに一般的には還元力は無いようですので、やはり機器を使うのがいいでしょう



ところで、抗酸化剤というと、N-アセチルシステイン(NAC)のようにサプリメントを思いつくこともあると思います

同様の作用かは不明ですが、酸化を防ぐという意味合いで使われることはあるようです



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。